負けるな、ウソを言うな、弱いものをいじめるな ~089

負けるな、うそを言うな、弱い者をいじめるな

薩摩の教えの中で

 

「負けるな」

 

「ウソをいうな」

 

[弱いものをいじめるな」

 

という郷中教育の教えがあります。

 

 

鹿児島の人に郷中教育とは?

 

との問いに

 

この言葉だけでも、言える人が多いと思います。

 

小学校のころから、暗唱させられることも多くて、ほとんどの人が知っている言葉です。

 

小学校によっては、この言葉が校則になっているところもあります。

 

 

あなたは、この言葉の最初に負けるな、の意味分かりますか??

 

 

ぜったい、負けちゃいかん。

 

 

相手に勝て!!

 

そんな意味なんだと私も昔思っていました。

 

「負けるな」は、もちろん、相手に負けるなという意味も含まれているのですが、武士からしての負けるなは、意味が違います。

 

 

じゃあどういう意味なんでしょう??

 

気になりますよね??

祖宗厳(そむねよし)は柳生家という新陰流の名門の出で、彼がいつも心がけていた言葉が、「昨日の我に今日は勝つべし」という言葉です。

 

 

「負けるな」は、古来武士道では、相手に負けるなという意味よりも、まず自分自身に負けるなということを、大事にしていたようです。

 

毎日、武芸、学業にはげむなか、昨日の己、過去の自分、自分の弱い心に負けるなという意味が強いらしいです。

 

 

もしかしたら、昔の侍は、今のオリンピック選手以上に頑張っていたのかもしれません。

 

 

だって、言葉がストイックすぎます。

 

 

現代の我々の中に、毎日毎日完璧な生活を、どれほどおくれている人がいるのでしょうか?

 

 

あなたは、今日これこれの勉強をしよう、この本を読もう、この仕事をここまでしようと、あれこれ目標を立てることがあると思います。

 

 

あなたは、どれほど完璧に達成でてきていますか??

 

 

私は、なかなかその通りにやり遂げる事ができません。

 

 

毎日、ブログを更新するぞと、意気込んで、取り組んでみても、忙しいとか、誘惑についつい負けて、むいな時間をすごしている事が、よくあります、それで毎日のブログ更新ができていない・・。

 

 

本来、人間は怠け者で、自分に弱いそんざいなんですかねぇ??

 

 

そんな自分より弱い人間が、自分より弱い人間をいじめるわけなんですよね??

 

 

なんかへんになっちゃいましたけど・・・。

 

そんで、自分にウソついて、出来ない事の言い訳をしちゃうわけなんですよ。

 

 

出来ないってきめつけるのは、けっきょく自分なんですよね??

 

 

私も、昨日の自分に勝てる人間になろう。

 

 

今日も全てに感謝!!

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加