薩摩伝統の教え「いろは歌」 ~084

古の道を聞き手も唱えても、わが行いに、せずばかいなし

昔から伝わるどんなに立派な教えや学問をいくら聞いても、またどんなに口先で唱えてみても、自分の行動で実践、実行しなければ何の役にも立たない。

あなたは、島津日新公(しまずじっしんこう)「いろは歌」を知っているだろうか??

 

 

いろは歌は、一番最初から身のしまるほど、核心を突いた教えから始まる。

 

 

あなたが、一番なじみの深いところでは、テストで三択問題で書かれている、イ、ロ、ハ、など小学校の頃くらいからふれるアレである。

 

 

もしくは、初期の手ほどきなどで示す、「○○のイロハ」などと、目にしたり、耳にしたことがないだろうか??

 

島津日新公

「島津忠良」(しまずただよし)

 

戦国時代の薩摩国の武将。

 

 

「薩摩の聖君」と呼ばれるだけに、徳のすぐれた君主として名高い。

 

 

 

第15代島津本宗家の当主になった人だ。

 

幼少の頃、忠良は父をなくして、母と祖父の計らいでお寺に入れられ厳しい教育を受ける。

 

 

その生い立ちから、彼は身心深く、知性豊かに育った。

 

彼は中国との密貿易や鉄砲の導入など島津の発展へとまい進し、島津の基礎を作ったとされている。

 

 

島津家の激しい内紛のため10年にもわたる、島津家統一に苦しんだ忠良は。

孫に当たる島津義久や島津義弘らの島津4兄弟の立ち位置を明示し、島津家の内紛が起きないように、教育するなど育成に励み、島津一族の決裂をさけ、九州統一出来るほどの強さの源となる指針を孫達に説いた。

 

 

又、忠良は島津島津家に仕える家臣の団結,規律を結束させるために、「日新公 いろは歌」を創作し、当時読み書きの出来ない家臣へ、分かりやすく、覚えやすい教育の基本として歌として創ったものとされる。

 

 

いわば、確固たる島津家の強さの礎を築いた人である。

「いろは歌」

「いろは歌」

 

 

薩摩の郷中教育として、読み書きの出来ない子供達の教育として、「いろはにほへとちりぬるを」の順に頭文字を並べ、昔は48音、今は47音で歌として、繰り返し教えられたという。

 

又、手習い歌として、毛筆の練習にされていた。

 

薩摩に伝わる家臣団の柱となる教育の書であった。

 

 

 

 

薩摩藩の武士達にこめた、人間の生き方を問う、「薩摩藩士の藩訓!!」

この歌の教えは、現代の私たちにも通ずる教えが数多く含まれている。 

この教えは、君主に仕える教えなどは、仕事や勉学、家庭、社会などに置き換えれば少しも色あせる所を見せない。
「日新公いろは歌」は島津日新公の和歌が連なった、連作である。 
【人間の生き方を説いた、熱きメッセージを当時の薩摩武士に語りかけ、今の現代に色濃く残る徳深い生きた教えだ!!】
古の道を聞いても唱えても わが行いにせずばかいなし。
「最初の一歩を、勇気を出して踏み出そう!!」
「踏み出せば、あなたの後ろにも必ず道が出来る!!」
今日も全てに感謝!!
このエントリーをはてなブックマークに追加