人はなぜ酒を飲むのか??23~067

いよいよ生でフレアが見れると、私の心は高鳴ったのは言うまでもない。

 

 

 

 

あのクラさんと約束した「鹿児島一のバーテンダーになる!!」

 

 

 

もしかしたら、これを見たら私の追い求めていた答えが見つかるかもしれないと、胸高まった・・。

 

 

 

その思いで、はるばる鹿児島から東京までやってきたのだ・・。

 

 

 

そう考えているうちに、どうやら準備が整ったようだ。

 

 

その女性バーテンダーは、カウンターに陳列されたボトルやシェーカーをゆっくりと眺め、気持ちを整えているようだった。

 

 

 

「じゃあ、今から始めますね!!」

 

 

 

とテンション高く、元気な声で私に声をかけた。

 

そうしていると、勢いのあるテンポの音楽が流れ、店内は先ほどの落ち着いた不陰気とうって変わって、活気ある不陰気へと突然変わった。

 

 

 

もう一人のバーテンダーさんが、テンポのいいリズムに手拍子を合わせ、私たちにも手拍子をせがむように笑顔で目を合わせてきた。

 

 

 

私もそれに気づくと、、おもむろに手拍子をあわせた。

 

 

 

カウンターでは先ほど、見事なほどの優雅に美しくカクテルを作っていた女性バーテンダーは、リズムカルにまるでダンスのように動きコップやシェーカーを荒々しく取っては投げと、素晴らしい技を披露し始めた。

 

 

 

店内はお客さん達の手拍子と共に、皆笑顔で、時たま見せるきめ技にドーっと歓声に沸いた。

 

 

 

これほどまでの、お店がお客さんと一体になって盛り上がったのは始めての経験であった。

 

 

そしてこの旅が、大きな収穫がある旅だという事を核心した瞬間でもあった。

 

 

その技に見惚れていると、ダンダンとカクテルが完成されていき、音楽が鳴り終るとわると、カクテルが無事に完成されていた・・。

 

 

そのカクテルは私の目の前に差し出された。

 

 

 

フレアで作られたカクテルを飲むのも、もちろん初めての経験である。

 

 

 

気になるカクテルの味だが、完成度も高く美味しかったのに驚いた。

 

 

 

 

差し出されたカクテルを飲みながら、「私もフレアに興味ありまして、どうやったらいいでしょうか?」と彼女に尋ねてみた。

 

すると彼女は。

 

 

「鹿児島では、フレアをやっている方の話は聞いた事ありませんし、もしお時間があれば、横浜のバーに日本の第一人者の方がいらっしゃいます。そちらで尋ねられるといいと思いますよ。」

 

 

と教えてくれた。

 

 

紹介してくれた、そのお店はあの本に紹介されているもう一つのお店で、翌日に足を運ぶ予定で予約をいれていた。

 

 

お店を後にした私は、フレアの余韻にひたりながら、見えるもの全てがパッと明るく見えて、心では強くガッツポーズを高々に上げてホテルと帰っていったのだ。

 

 

 

続く・・・。

 

 

 

今日も全てに感謝!!

 

 

人差し指の運動お願いします!!

 

 

下のバナーをポッチとお願いします。

 

      ↓

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村 FC2BUROGUランキング

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    Vania Serra (水曜日, 01 2月 2017 17:44)


    Great blog here! Also your website loads up very fast! What web host are you using? Can I get your affiliate link to your host? I wish my web site loaded up as quickly as yours lol

  • #2

    Emelina Willmore (金曜日, 03 2月 2017 13:40)


    Undeniably believe that which you stated. Your favorite justification appeared to be on the internet the simplest thing to be aware of. I say to you, I definitely get annoyed while people think about worries that they just do not know about. You managed to hit the nail upon the top as well as defined out the whole thing without having side effect , people could take a signal. Will likely be back to get more. Thanks

  • #3

    Providencia Dahle (土曜日, 04 2月 2017 00:46)


    What a information of un-ambiguity and preserveness of precious know-how on the topic of unpredicted emotions.